logo.gif

 サイマル翻訳ブログ

株式会社サイマル・インターナショナルの翻訳スタッフによるブログ。
翻訳者の実務からコーディネーターのエピソードまで、サイマル翻訳にまつわる
トピックを扱います。
<< 論文翻訳は著者との連携がカギ | main |
世界に向け、力強く魅力ある発信を
0

    キャスターやジャーナリストの経験がある翻訳者が、メッセージが伝わる原稿の作り方を提案します。

    (原文はこちら

     

    プレゼンテーション原稿翻訳の具体的ポイントについて述べたこちらの記事もあわせてどうぞ。

     

    -------------

    現在のグローバルなビジネス環境では、職位を問わず、壇上に上がって何かしらのメッセージを伝えることが求められ、またある時はオンライン会議を仕切ることが求められます。そこでは自信を持って発信し、相手を納得させ、かつ好印象を与えなければなりません。気の重くなる仕事ですが、コミュニケーションを円滑にする役目を担う翻訳者が間に立ち、英語での効果的な発信方法を提案し、聴く人の心に残るプレゼンテーションに仕上げることで、その負担を軽くすることができます。

     

    明快なメッセージ
    聴き手の気持ちを素早くつかむのに、明確で自信にあふれたメッセージに勝るものはありません。私は一時期メディア業界に身を置いていました。テレビに映るのはわずか1分間、その間に伝えられる文章量はほんの数パラグラフということも日常茶飯事でした。ここで私は、言いたいことを要約して1文に盛り込み、さらにはストーリー全体をも簡潔にまとめるスキルを身につけました。この当時の私のように簡潔な原稿を書くことをお客様にお願いすることで、翻訳者は全体を通してメッセージがいっそう明快に伝わる文章を作ることができ、お客様にとっても、想定される聴き手に合わせた内容や表現を盛り込み、重要度の低い内容はあえてカットするという判断がしやすくなります。

     

    原稿内容の順序
    ネット上でのプレゼンテーションでも会場で話すスピーチでも同様ですが、まず結論を述べ、伝えたい内容やその文脈を序盤で大胆に要約するのがよいでしょう。口頭のプレゼンテーションであれば聞き手の意識を内容に向けさせることができ、ウェブサイトの文章であれば、読み手の興味を引きつけ、クリックして先の画面に進ませることができます。日本のお客様の多くは、背景情報を十分に提供するなどお膳立てした上でようやく伝えたい内容を話し始めるという手法に、いまだに安心感を持っています。すんなり実践とはいかないかもしれませんが、伝える内容の順番を入れ替えることで聞き手の関心がぐっと高まり、より熱心に耳を傾けてもらえるようになるかもしれません。

     

    好印象を与えるスタイル
    大勢の人を前に外国語で話すのは容易なことではありません。私はジャーナリストとして様々な国や文化の中で仕事をしてきました。その経験から、誰かの信用を得たいときに、あるいは心に残るメッセージを伝えたいときに、力強く魅力のある人柄であることがいかに重要かを学びました。翻訳者の力を借りて理路整然と読みやすい原稿を作ることで、発表者は自信をもってメッセージを伝えることができます。訳文を作る際には以下のポイントに気をつけます。いずれも効果的な翻訳に仕上げるうえで有効な方法です。

     

    • 短い文章を用い、「ワンセンテンス・ワンアイデア」の原則を守る。
    • 聴き手や読み手が翻訳文に触れるのは1度限りだと意識して翻訳する。
    • 作業が終わったら声に出して読んでみて、引っかかるようであれば別の表現に言い換える。
    • 訳文中に強調や息継ぎのポイントを埋め込む。

     

    プレゼンテーション資料

    プレゼンテーションに補助資料が添えられていると、メッセージがより伝わりやすくなります。効果的な発表にするためには、スライドなどの資料はスピーチ原稿の執筆前ではなく、後に準備なさることをお勧めします。原稿が完成してから資料を用意することで、緩慢で散漫になりがちな発表を視覚的に補助するためにスライドを使うということがなくなります。スライドに大量の情報を詰め込む代わりに、追加情報があれば、参考スライドとして盛り込んでおけばよいのです。スピーチのメッセージを明確に伝えるには「3×3ルール」が安心です。これは、スライドの情報量を1行あたり3単語、1スライドあたり3行に抑えて簡潔にまとめる手法です。

     

    情報があふれ競争も激しさを増す中、メッセージを明快に、効果的に発信するために、翻訳者をぜひご活用ください。

     

    D.C.

     

    【原文】

    Powerful, personable communication for a globally connected world

     

    In today’s global business environment, people across all levels of a company or organization are being asked to step up and convey specific messages or facilitate online meetings, confidently, convincingly, and personably. As communication facilitators, translators can help make that experience less daunting by suggesting effective ways of organizing English-language content and creating presentations that leave a lasting impression. 

     

    Succinct message
    Nothing earns more instant respect with an audience than a clear and confident message. During my early career in the media, where you often have only one minute of air time or a few paragraphs of copy to play with, I was trained to summarize what I wanted to say in a single sentence, and, often even harder, to write a story in the same succinct way. Asking a client a similar question can help the translator weave a clearer message throughout a text, and encourage the client to tailor content to a targeted audience or willingly shed extraneous detail. 

     

    Order of content
    Whether it is an online presentation or a live speech, stating your conclusion first and offering a bold upfront summary of your intended content and its context is a great way to get an audience on board, or encourage readers to click past the first screen for further detail. Many Japanese clients still feel more comfortable setting the scene, giving plenty of background detail and then getting down to what they really want to say. While it might not come naturally, flipping the order of content delivery can help ignite audience interest and encourage more enthusiastic participation. 

     

    Personable style
    Speaking in public in a foreign language is not easy. As a journalist working in various countries and cultures, I learned the value of a strong, personable character when seeking to earn people’s confidence or leave a lasting impression. Translators can help speakers communicate confidently by contributing to an intelligently constructed, manageable speech text. Translating text as short, single-idea sentences. Translating for a one-time hearing or one-time reader. Reading translations aloud and adjusting word choices if you stumble. Inserting emphasis or pause points. All useful services that could be incorporated into a translation offering. 

     

    Presentation materials
    Presentation aids are a great way of getting a message across. To do that effectively, it is a good idea to encourage clients to create slides or other presentation aids after writing a speech, not before. That way clients can start to steer away from using slides as visual crutches for a sluggish, often disjointed delivery. Instead of populating slides with large amounts of additional detail, further information can always be included as reference slides. For the speech body, the succinct 3 x 3 rule is a trusted method for conveying clear messages by limiting text to three words on a line, and three lines on a slide. 

     

    How can we help get voices heard in a competitive, information-rich environment? 

    | 翻訳者 | 12:42 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    サイマル・アカデミーブログ
    通訳者・翻訳者を養成するサイマル・アカデミーのブログはこちらです。 セミナーのレポートや講座の紹介など、お役立ち情報を更新中!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    index_img_01.gif
    PROFILE