logo.gif

 サイマル翻訳ブログ

株式会社サイマル・インターナショナルの翻訳スタッフによるブログ。
翻訳者の実務からコーディネーターのエピソードまで、サイマル翻訳にまつわる
トピックを扱います。
<< サインの翻訳 | main | リズム >>
ベトナム語の翻訳
0
    今回は、越→日の翻訳者の方にご執筆いただきました。英語などと比べると、ふだん見聞きすることが少ないベトナム語。翻訳事情はどうなっているのでしょうか。
    --------------------------------

    ここ数年、ベトナム語の翻訳案件数はかなり増えてきており、内容もより多彩に、より専門的になっています。ベトナムと日本が、政治・経済・文化等多方面で活発な交流をしている表れでしょう。

    つい数年前まで、ベトナム語は数多くあるマイナー言語のひとつでした。ベトナム自体ほとんど注目されていませんでしたし、当然ながら翻訳者の数も案件数も限られたもので、企業からの発注は少なく、多くは政府機関等のものでした。様子が変わったのは、2005年を過ぎた頃からだったように感じています。ちょうどベトナム経済が大きく成長し、また外資への門戸も広がった頃です。

    私はその頃ベトナムで仕事をしていましたが、以前に比べ多様な業界のビジネスマンの方が多く日本から訪れるようになり、「ベトナムの市場はチャンスに溢れているというが本当か」、「今状況はどうなっているのか」等とよく聞かれるようになりました。もちろんそれまでもベトナムで働く日本人の方々はいたわけですが、ベトナム自体に関心を持っている人はそれ程多くなかったと言っていいと思います。ベトナムに工場や拠点があっても、お客さんは日系や外資系の場合が多く、ベトナム市場向けのビジネスはとても限られていたのです。

    そういった中で、ベトナム語を解する私は、もともと「物好き」「変わった人」という評価を受けていて、自分でもそう思っていたわけですが、2005年以降は「先見の明がある」「これから儲かりますよ」などと意外な褒められ方をするようになり、びっくりしたものです。

    さて、ベトナム語翻訳者とはどんな人たちなのでしょうか。翻訳技術を習得する学校などはないので、なんらかの理由でベトナム語・日本語の両方を習得した人が、そのまま何かの縁で仕事を受けているうちに語学で身を立てることになった、という場合がほとんどです。私のように日本語ネイティブの人間は少数で、大半がベトナム出身のベトナム語ネイティブです。留学等で日本での教育を受けた知的な人たちが多く、年齢も、1970年代のベトナム戦争前後に来日した人から若手まで幅広く活躍しています。以前は翻訳者の数も少なくほとんどが通訳業も兼務していたため、お互い顔なじみばかりでしたが、今はそれでは足りなくなり、その代わりにベトナム人留学生が参入してきています。

    ベトナム語は南と北で使う言葉に違いがありますが、書き言葉となるとそれ程大きな差はありません。むしろ翻訳者がベトナム語をいつ頃学んだかで、使用する表現に違いがあるように感じます。

    現代ベトナム語で教育を受けた世代が使うベトナム語は、1990年代以降にベトナム語を学んだ私にはわかりやすく、馴染みがあります。一方、その上の世代、1970年代前後に来日し現在ベテランの翻訳者として活躍している世代のベトナム語は、少し違います。上手な人たちは、昔からのベトナム語の豊富な蓄積を基盤に、現在使われているベトナム語も当然ながらフォローしていて、とても格調高い訳をされます。深いベトナム語と日本語への理解に裏打ちされていて、読んでいてとても勉強になります。私は日本語からベトナム語に翻訳された原稿の校閲を行うことが比較的多いのですが、同じ翻訳者として、表現の仕方等を校閲しながら勉強させてもらうことも多いです。

    H.O.
     
    | 翻訳者 | 09:57 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    サイマル・アカデミーブログ
    通訳者・翻訳者を養成するサイマル・アカデミーのブログはこちらです。 セミナーのレポートや講座の紹介など、お役立ち情報を更新中!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    index_img_01.gif
    PROFILE