logo.gif

 サイマル翻訳ブログ

株式会社サイマル・インターナショナルの翻訳スタッフによるブログ。
翻訳者の実務からコーディネーターのエピソードまで、サイマル翻訳にまつわる
トピックを扱います。
<< 翻訳者に求められるものとは? | main | サインの翻訳 >>
大きな案件と小さな案件
0
    お客様からお預かりする原稿のボリュームは大小さまざまです。翻訳者にとってのそれぞれの苦労ややりがいはどんなものなのでしょうか。今回は日英翻訳者の方にご執筆いただきました。
    ------------------------------------------

    ひとくちに産業翻訳といっても、数百ページから数万ページにのぼる巨大な案件から、1〜2ページの小さな案件までさまざまです。

    大きな案件では、来る日も来る日も同じようなことを考え、そのうち夢にまで原文が出てきたりします。資料を買い込むので、対象分野の本に囲まれて過ごすようになります。大変ですが、長い間取り組むことでお客様の企業や分野への理解が深まるという確かな満足感があります。

    一方、小さな案件でも、資料を読み込む、内容について調べる、読者を想定するといった基本の作業は大型案件と同じく必要になります。原稿の分量に対する作業量は増えますが、日々新鮮な原稿に出会える喜びと、頭を切り換えるパズルのような楽しさは、大きな案件ではなかなか得られないものです。

    私にとっては、まとまった案件の合間に小さな案件を入れるのが絶好の気晴らしになっています。

    Y.F.
    | 翻訳者 | 11:01 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    サイマル・アカデミーブログ
    通訳者・翻訳者を養成するサイマル・アカデミーのブログはこちらです。 セミナーのレポートや講座の紹介など、お役立ち情報を更新中!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    index_img_01.gif
    PROFILE