logo.gif

 サイマル翻訳ブログ

株式会社サイマル・インターナショナルの翻訳スタッフによるブログ。
翻訳者の実務からコーディネーターのエピソードまで、サイマル翻訳にまつわる
トピックを扱います。
<< 世界遺産推薦は長い道のり | main | 校閲ワークショップを開催しました >>
プレゼンテーション資料の翻訳
0
    今回は日→英翻訳者の方による、テキストとは違う配慮が求められるプレゼンテーションの翻訳についてです。翻訳者・翻訳会社の目線から、翻訳を前提としているプレゼンテーション原稿作成上のヒントも入れておりますので、よろしければご参考にご覧ください。

    ------------------------------------------

    Translating Presentations

    As globalization progresses, increasing numbers of PowerPoint presentations are being translated from Japanese into English. Such documents present a number of challenges for translators. I would like to outline a few of these issues, and I hope that these insights will provide some helpful hints to people who prepare PowerPoint presentations for translation.

    1. Volume of information
    Written Japanese is very concise, and it is possible to express a great deal of meaning with just a few kanji. Thus when Japanese is translated into English, the text invariably grows in size. For example:
    商品開発部: Product Development Department
    [5 characters]             [28 letters and 2 spaces]
    石炭火力発電所: Coal-fired thermal power station
    [7 characters]              [28 letters, 3 spaces and a hyphen]
    Four-character kanji compounds (四字熟語) offer many extreme examples of this phenomenon, such as:
    合縁奇縁: an uncanny relationship formed by a quirk of fate
    [4 characters]                [41 letters and 8 spaces]

    In Word documents, this expansion in the length of text creates no great problems for the translator, since the entire document simply grows longer. One A4 page of Japanese text typically becomes one-and-a-half or two pages of English text.

    In PowerPoint, however, each slide has a limited amount of space available. Moreover, the slide may contain many text boxes or shapes, each with limited space for text. Since the English text is generally longer than the Japanese, to fit everything on the slide the translator must reformat text boxes and shapes, make clever use of empty space, and reduce font sizes. If the original slide in Japanese is tightly packed with text (and this is often the case), the English slide will appear very cluttered, and font sizes may become too small to be easily read.

    Tip: If you know your presentation will be translated into English, leave plenty of spare room on each slide. This will enable the translator to create a presentation that is visually pleasing and easy to read.

    2.  Visibility of text
    Surprisingly often, I encounter PowerPoint slides with text that is partially or completely hidden under a graph, photo or other object. In these circumstances, the translator can easily miss some content.

    Tip: Make sure all text is clearly visible.

    3. Editability of text
    If some text on a PowerPoint slide is not in editable format, the translator may need to make extensive use of text boxes, or even re-create tables or graphs from scratch. This is very time-consuming, and may incur additional layout fees. Remember that units in graphs or charts may also have to be converted (e.g., 万 to thousands, 億 to billions, or 坪 to square meters),  so it is helpful if these units are also editable. 

    Tip: To save time and money, use editable text wherever possible.

    4. Timing
    In most cases, a PowerPoint presentation will take longer to translate than a Word document of equivalent length, because of the need for additional layout and formatting.

    Moreover, PowerPoint presentations often have deadlines that are absolute and non-negotiable, because the presentation must be given at a set time on a particular day. It is surprising how often people take a great deal of time and effort to prepare an excellent presentation, but forget to leave sufficient time for translation and re-formatting.

    Tip: To make sure that a high-quality translation will be available for your meeting or conference, allow plenty of time for the translation process. 
     
    D.A.

    【和訳】

    プレゼンテーション資料の翻訳

    グローバル化が進むにつれ、日本語から英語へ翻訳されるプレゼンテーション資料(PowerPoint)の数が増えています。そこには翻訳者を悩ませる数々の難題がひそんでいるのです。そのいくつかをご紹介し、翻訳用のPowerPoint資料を作成する際の参考にしていただければと思います。

    1. 情報量の違い
    日本語の書き言葉は、漢字数文字でたくさんの意味を表すことができます。したがって日本語を英語に訳すと、テキストの量がどうしても増えてしまいます。たとえば、
     商品開発部:Product Development Department
     (5字)  (28文字+2スペース)
     石炭火力発電所:Coal-fired thermal power station
     (7字)  (28文字+3スペース+ハイフン)
    四字熟語の場合はこの傾向が顕著になります。たとえば、
     合縁奇縁:an uncanny relationship formed by a quirk of fate
     (4字)  (41文字+8スペース)

    Word文書の場合は、このようにテキストが長くなっても、文書全体がそのぶん長くなるだけで、翻訳者にとって大きな問題はありません。だいたいA4判1ページの日本語が、英語では1.5〜2ページになります。

    しかしPowerPointの場合は、各スライドのスペースが限られています。そのうえ、多くのテキストボックスや図形が含まれている場合があり、そこもテキストのスペースが限られています。英語のテキストは概して日本語より長いので、スライド内にすべてを収めようとすると、テキストボックスや図形を調整し直し、空きスペースをうまく使い、フォントサイズを小さくしなければなりません。もともとの日本語スライドに文字がびっしり詰まっていたら(実際、そういうことが多い)、英語のスライドは見た目が非常にごちゃごちゃし、フォントは読めないくらい小さくなる可能性があります。

    作成上のヒント:英語に翻訳されることがわかっているプレゼンテーション資料では、各スライドにスペースの余裕をたっぷり持たせましょう。そうすれば見た目にも気持ちがよく、読みやすい翻訳版を準備できます。

    2. テキストが見えるか
    驚いたことに、PowerPointのスライドで、グラフや写真などの下にテキストが一部または全部隠れていることがよくあります。すると翻訳者は下のテキストを見落とすことになりかねません。

    作成上のヒント:テキストがすべて見えるよう留意しましょう。

    3. テキストが編集できるか
    スライド上のテキストが編集できないフォーマットの場合、翻訳者はテキストボックスをフル活用したり、場合によっては表やグラフを一から作ったりしなければなりません。非常に時間がかかりますし、レイアウト料がさらに発生する可能性もあります。また、グラフや図表中の単位も変換しなければなりません(例:万 → thousands(千)、億 → billions(十億)、坪 → m2)から、こうした単位も編集できれば助かります。

    作成上のヒント:時間とお金を節約するため、できるだけ編集可能なテキストを使いましょう。

    4. タイミング
    長さ(文字量)が同じなら、Word文書よりもPowerPoint資料のほうが翻訳に時間がかかります。レイアウトやフォーマットの調整をしなければならないからです。

    しかもPowerPointの資料は、プレゼンテーションの日時が決まっているため、ほとんど締め切りの融通がききません。皆さん、じつにたくさんの時間と労力をかけて優れたプレゼンテーション資料を作成されるのですが、いかんせん、翻訳・調整の時間を十分にとるのを忘れておられます。

    作成上のヒント:会議やカンファレンスの席で質の高い翻訳資料を準備できるよう、翻訳作業にも十分な時間を確保しましょう。
     
    | 翻訳者 | 22:37 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    サイマル・アカデミーブログ
    通訳者・翻訳者を養成するサイマル・アカデミーのブログはこちらです。 セミナーのレポートや講座の紹介など、お役立ち情報を更新中!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    index_img_01.gif
    PROFILE