logo.gif

 サイマル翻訳ブログ

株式会社サイマル・インターナショナルの翻訳スタッフによるブログ。
翻訳者の実務からコーディネーターのエピソードまで、サイマル翻訳にまつわる
トピックを扱います。
<< 「言語のガラパゴス化」を防ぐ | main | 世界遺産推薦は長い道のり >>
翻訳と文化
0
    ことばが違えば思考も違う?日⇔英翻訳者の方から「翻訳と文化」をテーマにお寄せいただきました。

    ------------------------------------------

    日⇔英翻訳の難しさは、文の構造などの言語学的な差異にも起因することは言うまでもありませんが、それ以上に日本人と英語を母国語とする人々の間の文化的差異あるいは思考の差異に因る部分が大きいと感じます。

    文章における文化的差異を筆者が最初に明示的に理解したのは、かつて米国の大学で履修した、英語を母国語としない学生のための英作文の講義の初日の授業でした。当時使用したテキストは長い年月の中で行方不明になってしまいましたが、欧米や日本など異なった文化圏における文章の流れを比較し、図説を含めて説明したそのテキストの内容は、今でもかなり鮮明に覚えているほど印象的なものでした。学術的あるいは実務的な文章においても、日本語ではしばしば、状況など周辺的な情報から書き出し、かなり網羅的な議論を経ながら徐々に結論に近づいていくのに対し、英語では、文章全体においても各パラグラフにおいても、基本的に冒頭から結論的なポイントを明記した後にその内容や根拠等の詳細を説明し、最後に改めて結論を要約的に記すこと、また文と文の論理的な繋がりや議論の一貫性などが重視されることなど、文章の構成に関わる「思考の流れ」の違いを理解する重要性が強調されていました。

    私たち翻訳者に依頼される翻訳の多くは、原文に忠実であることを求められるため、文章や資料の構成を全体的あるいは部分的にも変更することは難しい場合がほとんどです。そのため、上記の文化的差異を鑑みると、原文の作成者が本来伝えたい内容(メッセージ)を、翻訳を通して十分に伝えることはなおさら容易ではありません。逆説的になりますが、翻訳を通して原文のメッセージを正確に伝えるためには、翻訳者がこの制限を自覚しながら作業を行うことが重要な要素のひとつであろうと思います。言い換えれば、翻訳には、言語を置き換えるだけではなく、限られた自由度のなかで、読み手の思考をできる限り考慮した表現を模索する努力が必要といえるのではないでしょうか。

    T.S.

    ------------------------------------------

    さて先日「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録されることになりましたが、
    来月は世界遺産関連の翻訳について取り上げる予定です。どうぞお楽しみに。
     
    | 翻訳者 | 15:22 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    サイマル・アカデミーブログ
    通訳者・翻訳者を養成するサイマル・アカデミーのブログはこちらです。 セミナーのレポートや講座の紹介など、お役立ち情報を更新中!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    index_img_01.gif
    PROFILE